洗濯機が壊れて、大好きな洗濯ができなくなった私、昔の生活と今の生活を考えるきっかけができた。

一人暮らしにはコレ!家事時短術
一人暮らしにはコレ!家事時短術
一人暮らしにはコレ!家事時短術

洗濯機が壊れた!昔の生活と今の生活を考えた私

去年の梅雨時期の話になりますが、我が家の12年物の全自動洗濯機がとうとう「もうだめだ・・・」と言い始めました。最初はいつも2度すすぐのに、3度も4度もすすぐので、おや?と思っていたのですが、だんだんエスカレートし始め、ついには全自動なのに、全手動になってしまいました。私は毎日の生活の中で、そして家事の中で、一番好きな仕事が洗濯です。自分なりの理想の洗濯は、程よく柔らかい日差しのお天気加減の日に、真っ白なものだけを真っ白に洗い上げ、それをパンパンッと叩いてしわを伸ばし、形、順序良く洗濯の竿にかけていくことです。たまに笑われるんですが、私、洗濯にはこだわりがあって、必ず、白、色、黒は分けて洗い、タオルはタオルだけ、靴下は靴下だけを干し、竿には子どものものから順番に大きさ、形、色に分けてきっちりと干すんです。

洗濯するととてもスッキリします。よく「心のお洗濯」などと言いますが、毎回洗濯することで、自身の心も洗濯してもらっているように、スッキリします。毎日の生活の中ではほんの小さな一部ですが、自分にとってはとても重要な作業の一つであります。先日、子どもが学校で、昔の生活と今の生活の違いを調べようということで、色々とノートに書いたり、プリントをもらってきていましたが、本当に今は便利な世の中になったものだと、昭和生まれの私でさえ思います。近所の元気な80代のおばあちゃん達にとっては、本当にものすごい進化なんだろうと思います。去年のしかも梅雨時に、壊れてしまった洗濯機、しばらく私は手動で昔ながらの方法で、洗濯をしていましたが、何度もめげそうになりました。今の便利な生活に感謝したいと思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2017一人暮らしにはコレ!家事時短術.All rights reserved.