普段の生活の中で洗濯は必要な家事の一つですが必ずしも毎日行わなければならないものではなく頻度の調整が大切です。

一人暮らしにはコレ!家事時短術
一人暮らしにはコレ!家事時短術
一人暮らしにはコレ!家事時短術

生活習慣と洗濯のサイクルについて

毎日の生活の中で、衣類などが汚れて洗濯が必要となることはごく普通にあることです。しかし、洗濯物の量は、日ごとに一定とは限らず、家族構成などによっては、毎日行わなくても対応できる事もあります。そうなると、例えば洗濯機が一杯になったら洗濯機を回すというようなサイクルになる事もあります。できるだけ一度に洗濯した方が、水や電力の消費の点で効率的なのかもしれませんが、最近の洗濯機では、水や洗濯にかかる時間を、洗濯物の量を計って自動的に調整してくれるので、あまりこの効率には期待できません。むしろ、あまりたくさん洗濯すると、汚れが良く落ちなかったり、モーターに余計な負担がかかってしまうなど、デメリットの方が大きくなる事もあります。

洗濯物の量を自動計測してくれるのなら、洗濯機の容量に対して、少し余裕のあるくらいで洗濯機を回すほうが効率的です。水や電力は自動で調整してくれますし、洗濯機に負担もかからないので洗濯機も長持ちします。また、洗濯物がよく撹拌されるので、汚れもよく落ちます。具体的にどれくらいの余裕が最適かについては、各家庭で異なりますし、洗濯物を干す場所の広さも重要です。一般的には、洗濯物が乾いて、物干し場所が空いている時間が少ない方が望ましいものです。特に、洗濯物がよく乾く、朝からに中の時間帯にかけて洗濯物が必ず干してあるような洗濯のサイクルが効率的です。洗濯物の量よりも、このサイクルを優先したいものです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017一人暮らしにはコレ!家事時短術.All rights reserved.